一番街商店街振興組合(鹿児島市中央町)公式サイト|鹿児島中央駅より徒歩1分!昭和の時代から「朝市」と呼ばれて愛されてきた商店街


カテゴリでさがす 店名でさがす
鹿児島中央駅からアーケードでつながっているので、雨の日も安心してお買い物できます。

一番街のロゴをご紹介します。

「いっど」とは、これからの中央駅一番街の愛称です。
この「いっど」という愛称の意味は、「行くぞ!」という意味の鹿児島弁。新生中央駅一番街の元気な号令でもあります。
また「いっど」の「い」は一番街の1.NO.1、オンリーワンにこだわった個性的な街づくりを目指す1であるわけです。
さらに、"I do."と読めば「私はやる!」という決意の表明。
お店の一つ一つが意欲を持って、街づくりと取り組むという大きな意味がこの「いっど」には、込められています。

「話せるネ!」は「人にHOTな商店街」という街のコンセプトを流通語に置き換えたキャッチフレーズ。
話せる街=普段着の街=人に優しい街=個性的な街=話題をつくる街=昔が見える街として位置づけます。